2007年10月27日

MTG-511-2AJF

勇者はまだ現れんのか

亀田報道にうんざりの私は自慢の腕時計を紹介することで休息を得ようと思います。
愛用のG-SHOCKです。6年前に25,900円で買いました。
最近電池交換しました。電池交換無しで6年動いたタフなやつ。
美しいメタル。様々な衝撃を耐え抜いた栄光のMT-G。
雨の日も風の日も雪の寒さにも負けない栄光のG。
それなのにGoogleで検索をかけたところ出てきたのはヤフオクのページばかり。
MTG-511の素晴らしさを語ったページは見つからなかった。
とても残念なので私がMTGのページを作ってやろうと思って書いています。

耐衝撃に優れ、20気圧防水で、デジタルとアナログのコラボレーションが両方楽しめて、一生使えるメタルで、深海と空を思わせる美しい蒼のGが欲しいと思い選び通販で買いました。

届いてみて嬉しかったのはバックライトが非常に美しいこと。盤全体が光る型は珍しい。デジタル部のみが光るモジュール番号2339は多く存在するが、盤全体が光るモジュール番号2389はなかなか存在しない。裏蓋にはしっかりと「2389」と刻印が入っている。
ライトをつけなくても蛍光塗料が輝くので時間が把握できる。
MTG-511.JPG
MT-G511.JPG
MTG511.JPG


詳しい機能は↓で「2389」と入力すれば出来てきます。
http://casio.jp/support/manual/wat/

予備用としてヤフーオークションで買おうと思ったけれど既に5000円を超えているのでやめた。

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k46145406

大体、予備を買おうなんてMTG様に対して失礼だ。


最近はソーラー電池が人気です。私にはよく分かりません。電池式の方が優れていると思います。光が無くても電池式であれば動き続けます。暫く暗いところにしまって置いたら時間がズレているということもありません。電池がある限り動き続けます。電池が切れたら換えればいいだけです。電池や数百円で手に入ります。ソーラー電池はそうはいきません。電池式より高い費用がかかります。勘違いされている方が多いようですがソーラー電池は永久に動作するものではありません。消耗品です。交換が必要です。実用性、経済性を考えれば電池式の勝ちだと思います。

最近は電波時計が人気です。私にはよく分かりません。非電波時計は確かにずれます。しかし、月に10分20分進むわけではありません。がんばって進んだところでせいぜい30秒程度です。少々ずれるくらい味があっていいじゃないですか。愛着が沸いてきます。電波時計ときたら毎日毎日一生懸命電波を受信して時間をピッタリあわせていますが(それはそれで健気で可愛いですが)そんなに頑張ることないと思います。ずれたら直せば宜しい。時計とコミュニケーションとれていいじゃないですか。

時計は壊れにくいのが一番。その点Gなら安心。耐衝撃に優れたG−SHOCK。その中でも大部分がメタルでできたMTGはさらに丈夫。劣化しにくい。
メタルは重いから嫌?何を言ってるんですか。重いからいいのです。手首にずっしりとG。これがたまらない。敵に襲われた時、Gがあれば安心。重量を生かして投げつけてやればいい。メリケンサックとして使用してもいい。Gならそうそう壊れることはありません。護身用になります。
メタルは美しい。スーツの下に、カジュアルに、机の上に、どこにいても美しい。
posted by BLEED at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私もMTG‐511を愛用しています。
10数年前の誕生日に姉にプレゼントしてもらってから、ずーと私の腕に付いてます。
本当にタフで、私の場合は風呂に入るにも海水浴に行くにも付けたままです。何の問題も故障もありません!
この時計はどんな服装にも合うし、最高ですよね!メタルなのでスーツでもOK!
私はこの時計、この先もずーと愛用すると思います。今となってはレアなGなので益々愛着が湧いてます。
私と同じくこの時計を気に入っている様子の貴方の記事を読み、思わずコメしました。お互いに大事にしていきましょうネ!
Posted by マサ at 2013年11月22日 20:58
はじめました。マサ様、コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
MTGをプレゼントしてくれるとは、なんて素敵なお姉様なのでしょう。
樹脂の部分がどれだけ持つのか分かりませんが、まだまだ大事に使っていきましょう!
Posted by BLEED加賀 at 2013年11月27日 03:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック