2015年02月18日

オプティクラシックオーディオ交換

純正オーディオ(2DIN)の機能はラジオ、CD、カセットテープ、と時計がついている。
カセットアダプターをつけてmp3やwmaを聞いていたが、読込が甘くなってきた。CDも甘くなってきた。
かえるか。AUX付が良い。AUXだと音量やプレーヤーの能力、相性の問題があるからUSB接続可能なものの方が良い。
条件を満たす新品のオーディオは1万円近い。オートバックスやイエローハットの工賃は概ね4000円以上。
自分で中古のオーディオを取り付ければ工賃相当の金額で換装できる。
中古のDEH-460(1DIN)、ハーネス、1DINBOX、隙間テープを揃えてほぼ工賃相当額。

オーディオと空調のコントローラーを覆うカバーの下側の辺の左右2か所に、カバーを外すためのツメがある。
ここにマイナスドライバーや鋏を差し込んでカバーを持ち上げればカバーが外れる。
オーディオを留めていると思われるネジを外していく。目に見えるところだけ外しても、オーディオは取れない。
オーディオの下の灰皿の奥深いところにもう1つ隠しネジがある。これを外せばオーディオが引き出せる。
全てプラスドライバーだけで外れるが、隠しネジが舐めているときはウォーターポンププライヤやモンキースパナがあると良い。
純正のオーディオに刺さっているコネクタ類をポンと外す。
そこにトヨタ/ダイハツ用のハーネス(10P/6Pカプラ)を取り付ける。
配線の色、結線図を見ながらグイグイ取り付けてDEH-460とつなぐ。
純正オーディオについていた車載用金具をDEH-460につけてネジでとめる。その下に1DINBOXをつける。
隙間をテープで埋めて、カバーを取り付けて完成。
大変よくできました。1DIN、2DINはワンディン、ツーディンと読みます。


◆見附イングリッシュガーデン、市街地2.7Kmのイルミネーションを過ぎてレストランシェノアに入る。
洋食を気軽に楽しめる。帰りに市役所に停めてイルミネーションを楽しんだら帰る。
イルミネーションがなくても街燈がきれい。

◆花みずき温泉喜芳に行き、ぬるめの檜の露天風呂で田舎の景色を堪能する。食事もうまい。
男の脱衣所はたぶん外からよく見える。
与板町の商店街に1か所だけ賑わう大判屋で餡子、クリーム、チーズの大判焼きを食べる。大きな大判焼きは1つ120円。

◆下田村の川には白鳥が400羽集まる。川に白鳥が集まる光景は多くないらしい。休日の夕方は餌をあげても白鳥は寄ってこない。お腹いっぱいのようだ。
もう少し走ると道の駅。下田の食べ物買いましょう。生ピーナッツを買ったら御飯に入れて炊きましょう。
こくわ屋 藤兵衛でこくわカレーを食べて、こくわドレッシングを買って帰りましょう。こくわはキウイフルーツの原種です。

◆栃尾の道の駅で油揚げを食べましょう。美味しいのは間違いないが、しょせんは油揚げなので過度に期待してはいけない。
雪まつりをやっているならぽっぽ焼きを食べましょう。
posted by BLEED at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック