2013年11月21日

日本文理優勝回避

新潟大会
1回戦 関根学園 8−1
準々決勝 北越 2−1
準決勝  三条 3−1
決勝 新潟明訓 4−3

北信越大会
1回戦 敦賀気比(福井4位) 5−1
準々決勝 富山第一(富山1位) 4−0
準決勝 地球環境(長野2位) 4−3(延長)
決勝 東海大三(長野1位) 6−5(延長)

明治神宮大会
準々決勝 龍谷大平安(近畿王者) 6−5
準決勝 今治西高(四国王者) 10−3(7回コールド)

新潟県勢初勝利から一気に初優勝を目指した一戦(北信越勢としての優勝はある)。
決勝の相手は九州王者沖縄尚学。
5本の本塁打で7回終わって8-0とリード。1試合5HRは大会新記録。
決勝でなければコールド勝ち。勝を確信して風呂に入る新潟県民多数。
勝利は固いと思われた。風呂上りに点差を確認すると。
…。
日本文理高校優勝回避。優勝したくない病症候群。
神宮優勝者は春選抜で優勝できないというジンクスがあるらしい。
そのための優勝回避だったのか。
相手を上回るヒット数。5本の本塁打を打ちながら8点どまり。
勝てる時に勝ちきらないと負けることを選手は学んだはず。

ところで高校生の試合は逆転の可能性が高いのでコールドにする点差を広げた方が良いのでは。
posted by BLEED at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

野球は続くよ

日本シリーズ第7戦の国歌斉唱が良かった。テノール歌手がいい声出してた。
盛り上がりのある、久しぶりに良い君が代を聞いた。

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
巌となりて
苔のむすまで

息継ぎが難しいといわれるが最低限「さざれ石の」を一息で歌うことだけ守ってほしい

君が代の真実
http://www.youtube.com/watch?v=8O7jf0yJazg

◆田中将大木鶏足りえず
第6戦で負けた。アメリカに行く前に負けてよかった。
相手が巨人ではなく、パリーグ球団ならもっと良かったが、仕方ない。

◆日本シリーズ後も日本代表vs台湾戦が楽しめる。
地上波がなくてもニコ生、youtube、ストリームジャパン、見る手段はたくさんある。
日本一になったことの罰ゲームといわれるアジアシリーズも残っている。
まだ楽しめる。

◆日本文理春選抜ほぼ決まり。
posted by BLEED at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。